クラビットが風邪に効果が無い?

細菌による二次感染を防ぐそうです

クラビットと言うと、膀胱炎に処方される薬というイメージが、個人的には強かったのですが、実際は、風邪に対してもよく処方されるそうです。しかし、そこでふと疑問に思いました。クラビットは抗菌薬に分類されますが、風邪の原因は大抵ウイルスで、細菌が原因の場合は少ないと聞きます。

となると、クラビットを飲んでもそこまで改善効果は見込めないことになりますし、実際そうみたいです。それなのになぜ、風邪にはよくクラビットが処方されるのでしょうか?

そこで調べてみたところ、ウイルスが原因の風邪でも、とある条件ならクラビットはある一定の効果をもたらすと分かりました。その効果とは、二次感染の防止、です。なんでも、風邪をひいている時は、免疫が落ちている関係上、普段よりも細菌に感染しやすくなると共に、その細菌が体内で活性化しやすくなっているのだとか。

そのため、そうした事態を抑えるために、抗菌薬であるクラビットはかなり重要だそうです。確かに、ただでさえ風邪をひいているのに、その上また別の病気を発症しようものなら、かなり面倒だと思います。なので、私も風邪でクラビットが処方された際は、ちゃんと服用するようにします。