副作用で下痢

クラビットの副作用で下痢が起こる事があるようです

クラビットは、風邪や膀胱炎でよく処方されるため、かなりありふれた薬だそうですね。確かに、私も風邪や膀胱炎で病院にかかった際、何度かもらったことがあります。しかし、実際のところ、私はこのクラビットがあまり好きではないんです。なぜなら、飲む度に下痢になっていたからです。

私のように、クラビットを飲んで下痢になる人は、結構多いみたいです。なぜなら、クラビットは副作用として、よく下痢の症状を引き起こすからです。しかし、クラビットは抗菌薬ですよね。それなのになぜ、下痢になるのでしょうか?因果関係がいまいちピンときません。

そこで、クラビットの効能を詳しく調べてみたところ、クラビットの持つ抗菌作用は、大腸に生存する善玉菌や悪玉菌などの細菌を一掃することで、症状の改善を図ると分かりました。もちろん、そうして一掃された後、再び善玉菌や悪玉菌などは増殖を開始するのですが、大抵は悪玉菌の方が早く増殖する形になるみたいです。

つまり、善玉菌が悪玉菌の増殖に追いつかない関係上、下痢という症状が引き起こされてしまうんですね。となると、クラビットを飲む以上は、やはり下痢のリスクは避けられないんだと思います。とりあえず、次にクラビットを飲む際は、下痢で脱水症状にならないよう、水分補給を心がけることにします。