風邪で処方される理由

なぜ風邪にクラビットが処方されるのか

風邪をひいて病院に行くと、クラビットが処方されることが、よくあると聞きます。しかし、風邪の原因のほとんどは、細菌ではなくウイルスだそうです。となると、抗菌薬であるクラビットが効果的なのは、細菌が原因の風邪のみということになりますから、かなりレアなケースだと思います。

それなのに、なぜ風邪にはクラビットがよく処方されるのでしょうか?調べたところ、ウイルスが原因の風邪自体には、クラビットはあまり効果無いそうです。つまり、症状改善はあまり見込めないんですね。

しかし、風邪をひいている際は、体の免疫も低下している関係上、通常よりも細菌に感染しやすくなっていたり、感染した細菌が体内で増殖しやすくなっていたりすることから、細菌性の風邪に二次感染したり、女性だと膀胱炎を発症してしまったりする危険性も高いみたいです。

そのため、こうした二次的症状を防ぐために、クラビットは処方されるとのことでした。つまり、風邪を直接治してくれることはありませんが、風邪を最小限の時間でちゃんと治すためには、飲む必要があるんですね。理想を言うと、風邪の症状が落ち着いても、未だ免疫は低いままの関係上、ちゃんと処方された量を飲みきるべきだそうです。