クラビットが膀胱炎に効かない場合がある!?

大腸菌の耐性によって効き目が左右する

膀胱炎は、細菌が尿道から入って膀胱内で増殖することにより、膀胱粘膜が炎症を起こす病気です。そのため、その活性化して増殖している細菌を駆逐するために、病院としては、抗菌薬を使うというのが基本みたいです。中でも、クラビットがよく処方されると聞きます。

私も、膀胱炎をちょっと進行させてしまい、一度泌尿器科にお世話になったことがあるのですが、そこでもクラビットの使用を指示されました。実際、辛い症状が2日目には消えていたので、とても助かったのを覚えています。しかし、そのクラビットが膀胱炎に効かない場合も、一定数あるそうです。

それは、膀胱炎を引き起こしている大腸菌が、クラビットに対して耐性を持ってしまっている場合です。なんでも、膀胱炎になる度にクラビットに頼っていると、そういうことになるのだとか。もちろん、膀胱炎の薬は、クラビット以外にもバクシダールなどシプロキサンがありますが、できれば耐性がつくまでクラビットを頻繁に服用する自体避けたいですよね。

なので、今までは、膀胱炎が進行しても病院でクラビットを処方してもらえば済むから、と甘く見ていましたが、これからはなるべく病院に頼らずに済むよう、初期症状の内から市販薬等を使い自分で対処するようにします。