クラビットは風邪薬?

抗菌剤なので細菌性の風邪にしか効かない

クラビットは抗菌薬の部類に入りますが、風邪にもよく処方されるそうです。となると、クラビットは風邪薬にもなるのでしょうか?しかし、風邪の原因って、大抵はウイルスですよね。インフルエンザウイルスとか。それなのに、細菌を死滅させる効能のクラビットが、役に立つのでしょうか?

その点が疑問で調べてみたところ、やはり、クラビットは風邪に処方されることはよくあっても、風邪薬ではないとのことでした。詳しく言うと、細菌が原因の風邪、という僅かなケースを除くと、症状改善とは別のある目的で、クラビットは処方されているそうなんです。

その目的とは、二次感染の防止、です。風邪をひいている時は、普段は体を病気から守ってくれている、免疫も低下しています。そのため、当然普段よりも体は細菌にも弱くなってしまいます。風邪をひいている時に、膀胱炎を一緒に発症してしまうことが多いのも、その例です。

そこで必要なので、クラビットです。つまり、クラビットの抗菌作用が、免疫の代わりとなって、細菌から体を守ってくれるため、健康体に回復するまでの時間を最小限に抑えることができるんです。風邪薬ではないなら飲む必要は無いのでは、とも思いましたが、風邪にとってクラビットは実際とても大事な薬なんですね。