ものもらいも免疫力の低下が関係

クラビット点眼薬なら短期間治療が可能

免疫が低下していると、ものもらいになる可能性が、地味に高まると聞きます。免疫低下と言われる、風邪や口唇ヘルペス、あと女性だったらカンジダなどが、発症しやすくなるイメージはありましたが、ものもらいまでがそこに含まれているとは意外でした。

ただ、考えてみると、ものもらいは、人が常に体内に持っている黄色ブドウ球菌という細菌が原因ですから、免疫低下と発症率の上昇が連動しているのも、頷けます。

もちろん、その関係上、ものもらいは放置していても、大抵は1週間程度で治癒するそうです。免疫が回復して、黄色ブドウ球菌をまた普段通りコントロールしてくれるんですね。

それでも、ものもらいと1週間過ごすのは、中々に大変です。瞼が腫れているわけですから、見た目にも影響してきますし。そのため、もっと早く治したいという人には、眼科でクラビット点眼液を処方してもらうことが推奨されるそうです。

なんでも、クラビットとは、細菌のDNA複製を妨げることで殺菌作用をもたらす抗生物質なため、3日使うだけですぐ良くなるのだとか。

3日と1週間だと、かなり違うと思います。今までは、ものもらいになると、色々と不便を感じながら治るまで耐えていましたが、次からは眼科でクラビット点眼液を処方してもらうことにします。